<< 米中経済紛争で中国経済失速について | main | 移民受け入れの隘路について >>

米北の第二次会談はあるのかについて

トランプは2月26−7日に開催する予定としているが、

北朝鮮が核に固執して難航している。延期の公算大。

3代に渡り、何十年も掛けて築いてきた核戦略を放棄すると考えられない。

経済的な疲弊は中ソの支援や抜け荷で凌いでいる。

北朝鮮は朝鮮半島全域の非核化、米国は北朝鮮だけの非核化。

韓国の核保有は中ソにもにらみをきかせるもので、簡単ではない。


スポンサーサイト

  • 2019.04.21 Sunday
  • -
  • 07:38
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
不動産オークション.com 
住宅ローンが使える安心オークション。取次加盟店も随時募集中!
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM