ホルムズ海峡危機は石油だけでなかった。

産油国の集まる中東諸国は石油後の経済を見据えて、

今や石油原料製品からアルミ迄世界の供給基地ななっていると、

しかし、無人機による石油施設の攻撃があったり、

イスラエルによる近隣諸国ゲリラ基地攻撃があったりと

平和からほど遠い。サプライチェーンも平和があってこその話。

人間の知恵は学びが何故少ないのか。

 


増税還元 50万店から開始へについて

判りにくい消費税増税還元制度、店も消費者も困惑。

世界景気は低迷しているが、それでも増税強行突破の政府。

国民を放置して自分のプライドと、米国商工会議所の顔色を見ている。

増税で一段の景気後退は避けられない。

いくは増税のテコ入れ名目で財政政策の強化を期待するのみ。

 


テスラ 急速充電15分で144kmについて

電気自動車の省エネ効果に疑問が呈する人が多いが

時代は電気自動車に拍車が掛かり、潮目は変わったようだ、

それだけに電池性能が車の性能格差に話題が集中している。

他方、水素発電自動車の出番も近いと予感される。


豚コレラ拡大 肉供給に影響もについて

鳥インフルエンザも渡り鳥に嫌疑が掛かり、

豚コレラも野生イノシシに嫌疑が掛かってている、

共に原因根絶が難しいが、業者は大変。

消費者も価格高騰の被害が出る。

近年野生猪が人里に近づくことが多くなっただけに

危険拡大が恐れられる。専門家の活動に期待する。


千葉の停電「復旧格差」深刻について

台風15号による千葉県の送電網被害は深刻だ。

十分強度計算された筈の山間部高圧送電の鉄柱の倒壊は深刻だ。

天候不順で今後も同様被害が発生が予想されるだけに、

早期の国による対策が必要なのに、その声が聞こえてこない。

中共は準国際通貨国であるが、適切な財政出動で成長著しい。

対する日本は国際通貨国であるが成長できない、

誤ったPB条項死守で建設国債を発行しない罪は重大だ。

何のための内閣改造か、麻生大臣と黒田総裁の即時退陣を期待する。

 


法王 袴田巌さんと面会調整について

死刑囚袴田さんが再審請求申請中に法王と面接計画中と。

最終判断は司法に委ねるしかない。えん罪は避けて欲しいが、

罪を犯した人への死刑も歯止めとして無ければならない。

えん罪を避けるために死刑廃止は行き過ぎだ。

被害者遺族の思いを踏みにじり、犯罪の歯止めがなくなる。

 


リニア巡り対立 静岡県へ新案について

水脈の変化に対する危惧が原因の対立。

日本経済回復の切り札のリイアの早期解決を期待する。

政府の無策に対する唯一の経済対策になる工事だけに

対立は残念だ。


欧州中銀 3年半ぶりの利下げについて

EUも金融緩和一辺倒、利下げ政策採用では景気回復しない。

日銀も同じ、銀行の日銀預託に金利が必要な逆金利にしても

市中は資金を必要としていない。余剰資金は株式市場に貯まるだけ、

誤った経済理論を捨てないデフレはより深刻化する。


韓国WTO提訴 日本徹底抗戦について

ここで引くことは第二の靖国神社になる。

逆に首相の靖国神社参拝の好機とさえ思える。

憲法改正して自衛隊の合法性を明確化しようとするなら、

そこまで踏み切るべきだ。

併せて建設国債の増発による国土開発が必要だ。

今度の内閣改造にその覚悟が感じられないのが不満だ。


停電で情報遮断、不安広がるについて

如何に現代社会が電気に依存しているかがよく分かった。

明かりは当然として水も交通も情報も遮断されてしまう。

こうした事態が長期になる可能性が高く、健康被害も懸念される。

落雷、突風の猛威の前に人間の力は小さい。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
不動産オークション.com 
住宅ローンが使える安心オークション。取次加盟店も随時募集中!
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM