新型スーパーカブ どう進化について

例えバイクとはいえ1億台はスゴイ。世界的に飽和状態で

四輪への移行も語られる中、バイクの需要は未だある。

それが国内生産回帰は日本経済に朗報。

カブのさらなる進化を応援したい。


なぜ経済政策が語られないのかについて

総選挙の投票日がきました。外交や消費税は語られても

経済政策は結局聞くことはできなかった。

GDPが20年間横ばいの日本、非正規雇用4割の日本。

世界が成長のなか、横ばいの日本は低下しているのだ。


原発の新設が難しく自然消滅するについて

原発再稼働反対が叫ばれている。新設はさらに難しい。

となるとエネルギー源の配分は自然と変わることに。

政府はもっと早く再生可能エネルギーの助成に動くべきだ。


竹林拡大について

ちょっと郊外に旅された人は気づかれていると思うが、

竹林が拡大し、耕作放棄田畑が拡大している。

そのくせ、食料自給率が低いと農林水省は叫んでいる。

農業専従者が減少したと言って外国人労働者を受け入れている。

このままでは外国人に日本の農業が支配されてしまい、

必要な食料は自給できなくなる。将に官僚無能の典型事態だ。

農業従事者の垣根を外し、日本の若者参入に補助金を出す。

耕作放耕地は取上げ、これら若者に支給する政策が必要。


創業以来の危機 神鋼内に動揺について

今更動揺しても仕方が無い、数十年に及ぶ裏切りの罪は重い。

世界に販路を持つ同社は世界中を裏切ってきたのだから。

同じ日本人として恥ずかしい。ウミを出し切って再出発すればいい。


比例 立憲民主が第2党勢いについて

同党を支持しないが民進党が分裂し、左派受入れ場所となっている。

日本に左派支持者が多いが、明確に立場を鮮明にできてイイ。

日本はいま経済不振のなか、外敵に脅かされている。

国民が選挙でどうに受け止めているか分かって良い。


水道管が破裂 地上に大量の水について

こんな話は九州に留まらない。各地で公共設備の老朽化が進んでいる。

今こそ財政出動してインフラの整備が必要。PB理論はお門違い。


習氏 中国を社会主義強国へについて

修辞的には立派な言葉が並んでも、国内は農村戸籍、都市戸籍に分けて、

国威進展に進む独裁国家が、今以上力を持つことは誰も望んでいない。

一帯一路でシーレーンに頼らない内陸資源の確保、シーレーン開発で

各地に中共の拠点を作って外洋から侵攻する戦略が見える。

こんな政策に協力するのは、日中友好条約で献金さされたことの拡大版。

心して対策を考える必要がある。


ハブ空港間の競争激化について

人の移動が激しくなるに伴い、ハブ空港の意味も大きい。

ハブ空港を持つことでその国が経済拠点として発展する。

後進国はその意味でハブ空港作りに励んでいる。

日本の場合は国土の狭さもあるが、ハブ空港の重要性の認識が低い。


ISの拠点イラク奪回について

ISの拠点ラッカをイラクが奪回したとの報道は、

クルド人の苦難の始まりで無いことを祈りたい。

国を持たなかった民族の苦難はイスラエルだけではない。

ミャンマーのロヒンギャ、欧州のジプシーもある。

国土を守ることの意味もそこにあり、国防の意味も深い。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
不動産オークション.com 
住宅ローンが使える安心オークション。取次加盟店も随時募集中!
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM